自分の健康の為や、受動喫煙の影響が社会問題にもなっている影響で禁煙する人は年々増えています。
しかし、ニコチン依存症になると禁煙はとても難しくなります。

チャンピックスとは禁煙補助薬です。主成分がバレニクリン酒石酸塩で脳内のニコチン受容体にニコチンの代わりに結合して作用します。
刺激作用により、少量のドーパミン遊離を促進して、禁煙に伴うイライラや吸いたい気持ちになることを軽減します。
またチャンピックスを服用中に喫煙すると、喫煙する満足感が抑制されるため吸いたい気持ちが少なくなります。
ニコチン依存症の喫煙者が禁煙する時の補助として用いられる薬です。薬の形状は錠剤で、1錠は1mgと0.5mgの量になっています。

チャンピックスの特長はニコチンを含まないこと

タバコ 喫煙者が禁煙のために起こる離脱症状は、主に我慢してる時に起きるイライラする気分や、タバコのことが気になって心が落ち着かなくなることなどです。
これは、ニコチンが体内から抜けてしまったためこれを欲することで起こります。
しかし、禁煙するための補助薬を使って離脱症状をあらわれにくくすることが可能で、これが成功させるための秘訣でもあります。

補助薬には、タバコで摂取するニコチンの代わりとしてのニコチンを含むものもありますが、本来、ニコチンは体には良いものではないため、当然体への負担もあります。
チャンピックスにはニコチンが含まれていないため、体に負担が少ない補助薬です。

ニコチンを含んだ補助薬は、ニコチンパッチになっていて体内に取り込んだり、ガムに含まれていて吸いたくなった時にタバコの代わりにそのガムを噛むことで口の粘膜から体内にニコチンを吸収します。

ニコチンの依存の原因はニコチン受容体に作用すると脳内でドーパミンが放出されます。
ドーパミンは快楽物質と言われていますが、喫煙する時のニコチンによってこれが繰り返されると耐性ができ、さらに求めることによって依存していきます。
チャンピックスは、ニコチンを含んでいませんが、主成分であるバレニクリン酒石酸塩が、このニコチン受容体に直接作用し、ドーパミンを少量放出させるようにします。
このことにより、禁煙している時の離脱症状やタバコへの切望感を軽減することができるのです。

またバレニクリン酒石酸塩がニコチン受容体に作用している時に喫煙しても、そのニコチンでニコチン受容体が活性化することがありません。
そのため、喫煙していた時のような満足感が得られず、徐々に喫煙から離れることができるのです。

チャンピックスがタバコの禁断症状を緩和してくれる

タバコを持つ手最近はタバコの値段があがったり、受動喫煙が社会問題化していることもあり禁煙する人が増えています。
喫煙者が禁煙を決意した時にまず行うことはタバコを我慢するということですが、それでも禁煙出来ない時は、色々な方法があります。
まずは病院に行き禁煙外来を受診することです。または市販の禁煙グッズを使って禁煙をすることがあります。

禁煙にとって、最も厄介なのはタバコへの禁断症状が現れることです。
禁煙し始めの頃は特に吸いたくなり、その禁断症状としてイライラや落ち着きのなさが出てきます。
これが自分自身でおさまっているうちはまだいいのですが、周りに当たったり知らず知らずのうちに周りに迷惑をかけていることも少なくありません。

こういったタバコの禁断症状をチャンピックスが緩和してくれます。
禁煙時のイライラの元は脳にある受容体にニコチンが行き渡らず、活性化しないために起こる症状です。
チャンピックスの有効成分であるバレニクリン酒石酸塩が直接ニコチン受容体に作用し活性化させます。
この時に少量のドーパミンを分泌させ、擬似的にタバコを吸っている時の状態の脳を作ります。

そのため禁煙によるタバコの禁断症状を緩和してくれるのです。
また緩和させるだけではなくチャンピックスを服用している最中は、仮にタバコを吸っても以前のような満足感が得られないようになっています。
これはすでにバレニクリン酒石酸塩が常に作用している状態なため、喫煙した時に起こる脳の満足感が得られにくくなるためです。

以前禁煙外来では、ニコチンを含んだ禁煙補助薬が処方されることがほとんどでしたか、最近ではニコチンを含まないチャンピックスを処方する病院が増えています。
これはチャンピックスがきちんと効果があるということ、ニコチンを含まないため体への負担も少ないからです。

チャンピックスの使用方法

ヘビースモーカー チャンピックスは禁煙治療する際、従来のニコチンパッチやニコチンガムと比べて禁煙効果が高いと言われています。
ヘビースモーカーや何度も禁煙に失敗した人やパッチ、ガムを使って禁煙に失敗した人にとってはおすすめの禁煙補助薬です。
また重篤な不整脈がある人や脳血管疾患などの急性期などの人はニコチンパッチやニコチンガムが使えませんがそういう人にも向いている薬です。
通常の健康な状態の方でも、影響がないため、体の負担が少ない禁煙補助薬になります。

禁煙治療のため病院へ行き、医師からチャンピックスを処方される場合は、通常初回の診察時にスタート用パックを処方されます。
この中には0.5mgが1錠のチャンピックスを7日分(最初の3日間は1日1回、4~7日目は1日2回食後に服用)と1mgが1錠のチャンピックスを7日分(一日二回服用)処方されます。
最初の7日間は0.5mgのチャンピックスを服用します。
この間の7日間はタバコを吸っても大丈夫です。実質8日目から本格的な禁煙を開始します。
服用は水またはぬるま湯で服用するようにすることと、副作用を避けるために、必ず食事の後に服用することが重要です。

4日目からの服薬量が増えた時に、吐き気や頭痛や便秘の副作用が起こることがあります。
この副作用は主に空腹時に現れやすいため服用は必ず食事の後にすることが大切です。
また8日目以降で、1錠あたりが0.5mgから1錠あたり1mgに増えたときも同じような症状に注意しなければなりません。
また禁煙することにより、うつ状態が現れたり悪化することが考えられます。
精神的な症状の出現や悪化が見受けられた場合は、服薬を中止して医師に相談するようにしましょう。

チャンピックスの副作用と併用注意・禁忌

報告されているチャンピックスの副作用と併用注意、禁忌はいくつかあります。
まず副作用に関しては主に吐き気、不眠症、異常な夢、頭痛などが報告されています。
また躁鬱気分や不安、興奮、行動および思考の急激な変化が起こりやすくなるので注意が必要です。
身体に現れる症状として発疹、発熱、皮膚の赤み(皮膚粘膜眼症候群)や顔面・舌・口唇・のどなどの腫れ、じんましん、息苦しい(血管浮腫)や体のだるさ、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる(肝機能障害、黄疸)が報告されています。
何の症状も少しでも気になるような症状が現れた場合には自分で判断せず、早めに医師に相談することが必要です。

他の薬と併用する際注意する点は、他のニコチン製剤と一緒に用いると副作用が出やすくなることです。
また腎臓の悪い方で胃の薬のシメチジン(タガメット)には注意が必要です。
チャンピックスとの直接関係はありませんが禁煙または喫煙の再開により他の併用薬の代謝に影響するため、その薬による血中濃度が変動する恐れがあります。
影響が心配される例として喘息の薬のテオフィリン(テオドール)、血栓の薬のワルファリン、血圧の薬のプロプラノロール、インスリンなどがあります。

他に注意する点は腎臓病などの持病がある場合は、服用に際して注意点があるため必ず医師の指示を仰いでください。
また妊娠中の方は胎児に影響がある場合があるので、医師と相談して服用の指示を仰いでください。
薬の特性上、統合失調症や躁鬱病など精神疾患のある人は、病状の悪化などが考えられるので特に注意が必要です。

薬を服用する際は用法、用量を守り適切に服用することで薬の効果が発揮されます。
自分自身の判断で薬の量を多くしたり、薬に減らしたりすることのないようにしましょう。