チャンピックスは通販で買える?保険適用になるの?

通販 チャンピックスは禁煙外来を利用して、条件を通過すれば保険適用することができます。
手軽に通販で購入できるのであればそちらを利用したいという人が増えています。
チャンピックス錠の値段だけ見れば、禁煙外来を受診して保険適用で処方してもらうのが、一番安く入手できます。
ただ受診すればその他にも診断料やニコチン依存管理量、処方量などが必要になります。

自費診療になれば健康保険を適用できない費用を自分が負担しなければなりません。
病院費用や薬代などもすべてになりますし、チャンピックス錠の薬代だけでも20000円程度必要になります。
安い順に並べると、保険診療の次に通販購入そして自費診療の順になります。

保険適用できなくて自費診療になる場合は通販で購入する方が値段を安く抑えることができます。
保険適用であればおおよそ20000円、通販購入でおよそ42000円、自費診療では約63000円のお値段がかかります。
注意してほしいのが、通販と聴くとアマゾンや楽天での購入を考える人が多いかもしれません。
ですがアマゾンや楽天では購入することができません。

医薬品の販売を日本の法律が認めていないのが現状のためです。そのためチャンピックスの医薬品を個人輸入する必要があります。
個人輸入ともなれば海外からの取り寄せになるため手に入れるまでは、少し時間がかかるのが現状です。

何故チャンピックスを服用すれば禁煙成功につながるのか、それは脳内神経伝達物質のドーパミンに秘密があります。
喫煙している人は、ニコチンを身体に摂取することで脳内にニコチン受容体ができます。
そしてそこにニコチンが結合して快楽のドーパミンが分泌されます。
そのためタバコを吸うことでイライラが解消され、満足度を得られることができます。
時間の経過とともにニコチンは減少していくため、禁煙を続けることでイライラや集中力の低下などの影響がでます。
そのため禁煙を続けることが難しくなります。

チャンピックスの保険適用もあるが、条件がかなりある

チャンピックスを服用するなら、禁煙治療の保険適用が一番費用は安くなりますがその保険適用の条件を見ていきましょう。
チャンピックスにはニコチンは含まれません。
チャンピックスを服用すればニコチン受容体と結びつく成分が含まれているため、ドーパミンが分泌されてニコチンが切れた状態の症状を緩和する効果があります。
また喫煙中にできたニコチン結合をブロックする成分があるため、チャンピックス服用中に喫煙しても以前のようにタバコを美味しいと感じることがなくなります。
健康保険が適用される条件は大きく4つあります。

「ニコチン依存症の判定テストが5点以上であること」判定テストは全部で10問あります。
ニコチンへの心理的依存を確認する内容になります。
自分で思っているよりも喫煙してしまうことが多かったり、イライラしたときに吸ってしまうなどの問いがあります。
「1日の平均喫煙本数×トータル喫煙年数が200以上あること」ブリンクマン指数といい喫煙と健康の関係を示す指数になります。
この指数が低いとニコチン依存度は低いと判定されます。

「今すぐにでも喫煙したい意思があること」その意思の強さが大切になります。
禁煙を始めてから3日前後でほとんどのニコチン依存症患者には、禁断症状が現れます。
禁煙外来は心理的依存、身体的依存に負けない強い意志が必要になります。「禁煙治療を受けることを文書で同意すること」です。
こちらの文書の同意は本を含めて、医師のサインと家族などの支援者のサインが必要になります。
身近で見守ってくれる人がいるのかどうかが、禁煙には大きな助けになるからです。

以上の条件を満たしても保険適用できないケースがあります。それは、前回の禁煙治療の初診日から1年を経過していない場合です。
この場合にどうしても治療を受けたい場合には自費診療になります。