禁煙補助薬のニコチンガムで禁煙に挑戦!

禁煙をすすめる看護師 タバコは体に悪いと分かっていても、いざ禁煙を始めようとするとなかなか上手くはいきません。
これはタバコに含まれているニコチンという成分が最大の問題になっています。
強い中毒性があり、体内にニコチンを取り込むとドーパミンが発生して気分がよくなったりイライラが解消されたりします。
逆にニコチンを切らしてしまうとイライラしてタバコが吸いたいという強い欲求とストレスに苛まれてしまうため禁煙が上手くいきません。

つまり、自分の禁煙しようという強い意志だけでもって禁煙を成功させるのは不可能ではありませんが非常に厳しい道のりになります。
そこで禁煙を手助けしてくれるのが禁煙治療薬であるニコチンガムです。
ニコレットはCMなどでもお馴染みなので名前を知っている人も多いのではないでしょうか。

禁煙するためにはニコチンを断つ必要があります。
依存状態になっている体から一気にニコチンを抜いてしまうとイライラや集中困難、不安感や体のだるさ、眠気などの重いニコチン離脱症状が出て生活そのものに大きな支障が出て禁煙を続けられなくなってしまいます。
ニコチンガムは、これらの症状が大きくならないように少量のニコチンをガムを噛むという方法でゆっくりと摂取することで少しずつニコチンの量を減らしていけるように導いてくれます。

禁煙は続けていく必要があるのであまりにも大きな負担がかかるような状態では失敗してしまいます。
ニコチンガムを使って負担を軽くすることで禁煙の成功率は約2倍になると言われています。
禁煙治療薬のニコレットは全国のドラッグストアなどで販売されている、第2類医薬品なので生活圏内にある近くのお店で手軽に購入することができます。

また、ガムを使った服用方法では離脱症状を感じてつらい時に服用することになるので食事のタイミングや生活リズム等に影響することはなく自分のタイミングで服用できるので長く続けていく上での負担がありません。
最初のうちは少しずつタバコを吸うという習慣自体が体に染みついている可能性が高いので、タバコを吸いたくなるようなタイミングにはガムを所持しているようにする必要があるでしょう。

ニコレットのジェネリック禁煙ガム「ニコテックス」

ところで「ニコテックス」という商品をご存知でしょうか。こちらもニコチンガムで禁煙治療薬になります。
先ほど名前の出た「ニコレット」のジェネリック医薬品がこちら「ニコテックス」です。
含まれている成分はニコレットと全く同じになります。

禁煙には時間がかかります。
ニコチンガムを用いて少しずつニコチンの摂取量自体を減らしていき、完全に断つことができるようになるまで通常は1か月以上かかってしまいます。
その間、当然ながらガムが必要になって買い続けなければならないため、その値段も無視することはできません。
ニコテックスはジェネリック医薬品なので安く買うことができます。
たくさん必要になることが分かっているものなので安く手に入るメリットは大きいでしょう。

ただ、ひとつ問題があります。
ニコテックスは残念ながらまだ日本では認可がおりていないため、手軽にその辺で購入するといったことができません。
この場合、頼るのは個人輸入代行を行っているサイトを使った通販になります。
この方法であれば合法的に海外からニコテックスを購入することができます。

個人輸入という言葉が聞きなれていない場合、不安を感じるかもしれませんが正しく認識をしておけば大丈夫です。
個人輸入というのは購入したことに対して起きることについては自己責任になるということです。
それが効かなかったから、もしくは体に合わなくて副作用がつらかったからといって誰も責任は取ってくれないということを了承して購入することになります。

副作用についてはそこまで強いものは報告されていないようですが、摂取量や体質による個人差はあるので異変を感じた場合は使用を中止しましょう。
ガムを噛む時はあまり早く噛み過ぎるとニコチンが一気に出てしまうため、ゆっくりと噛むようにしましょう。